キャッシング利用の流れ

by watashi on 2016/3/7

キャッシングを利用したい、または現在は必要ないけれど、今後の万が一のことを考えて契約しておきたい…と考えても、いざ契約しようにも、世の中にはキャッシングを取り扱っている金融機関や業者は数多くあり、どこのキャッシングを選べば良いのか判らない方も多いと思います。どの金融機関・業者が扱っているキャッシングを選べば良いのか…は、どれくらいの融資を受けたいのか・毎月の返済額の上限はいくらくらいか・金利はどれくらいなのか・返済方法はどうなっているのか(返済方式も含めて)…と、少なくとも、これらについては明確にしてから探した方が良いと思います。

もし、クレジットカードを所持しているのであれば、そのカード会社のキャッシング詳細を調べて参考にしてみるのも良いですし、敢えて新たにキャッシングを申込むのではなく、場合によっては所持しているクレジットカードのキャッシング機能を利用しても良いかと思いますし。

ただ、一般的に、クレジットカード機能のキャッシングは、手軽に利用できる分、金利・手数料が高めに設定されていることも多いので、その点も踏まえて慎重に選んでください。また、インターネット上には、各金融機関・業者が扱っているキャッシングを様々な項目から比較することができる比較サイトや、人気のキャッシングを知ることができるランキングサイト、実際に利用した方の意見や感想が掲載されている口コミサイトなどがあります。

特に比較サイトは、各キャッシングの特徴・金利・返済方法・利用限度額…などを簡単に比べることができるので便利です。

どの金融機関・業者のキャッシングを利用するかを決定した後は、申込みを行うわけですが、基本的な流れとしては、キャッシングの申込み→キャッシングの審査→お金が振込まれる→キャッシングの契約書に記入/返送→キャッシングカードの発行→返済開始…となります。

キャッシングを申込方法には、店頭窓口(店舗がある場合に限ります)・電話・無人契約機・インターネットの3つの方法が現在の主な申込方法となっています。昔は、キャッシングの申込みは店頭窓口でしか行っていませんでしたが、無人契約機が登場したことで、窓口の人と顔を合わすことなく契約することができるようになり、多くの方が利用し始めました。やはり「お金を借りる」という行為は、あまり他人であっても顔を合わせたくない…ということなのでしょうかね?そして最近では、インターネットの普及に伴い、インターネットでの申込みが人気となっています。インターネットによる申込みは、24時間365日、いつでもどこでも、インターネットができる環境でさえあれば、キャッシングを申込むことができ、大変便利です。それに、インターネットであれば、審査の結果・融資の利用限度額もすぐに知ることができますよ。店頭窓口・電話・インターネットで申込む場合は、住所・電話番号・住居情報(持ち家か賃貸か…など)・勤務先・年収・勤続年数・業種・雇用形態・家族構成・他社からの借入金の有無・希望する融資額…などが訊かれますので、答えられるようにしてください。また、無人契約機で申込む場合は、パスポート・運転免許証などの本人だと証明できる本人確認証を持参してください。なお、インターネットで申込む場合は、必要書類をデジカメ・カメラ付きケータイで撮影して添付送信しなければならない金融機関・業者もあります。

審査では、申込みの際に申請した情報に虚偽がないかどうかの確認の他、収入・希望する融資額・他社での借入の有無…がポイントとなります。キャッシングを取り扱っている金融機関・業者によって、審査内容に多少の違いはありますが、どこでも最低この3点は重視しているはずです。

一概に言い切ることはできませんが、収入の場合は、現在の職業に3ヶ月~6ヶ月以上勤めているのであれば、それほど問題はないと思います。希望融資額は、だいたい年収の40%~50%が利用限度額に設定されることが多いようですね。そして、他社での借入の有無は、もし他社から借りているのであれば、何社から借入れしているのか、これまでにその返済を滞納したことがあるかどうか…が重視されます。つまり、返済能力があるかどうかの確認です。そして、過去のキャッシング履歴なども確認されます。例えば、現在はどこからも融資を受けていなくても、過去に借入を行い、返済遅延を頻繁に起こしていたのであれば、今回もまた返済滞納になってしまうかもしれない…と思われ、審査に通りづらくなってしまいます。もし、滞ることなくきちんと返済していたとしても、他社のキャッシングやカードローンの契約がまだ続いている…いつでも利用できる状態であるならば、今後もまた借入れる可能性があると判断され、審査に落とされるとは限りませんが、利用限度額が下がってしまう可能性もあります。複数から借入金がある場合は、それだけ返済しなければならない金額も高いということですから、「本当に返済できるのかな?」と思われても仕方ありません。やはり、過去も現在も、どこからも借入をしていない方が、審査には通りやすいですよ。また、電話番号は、携帯電話よりも自宅の固定電話の電話番号を申請した方が評価が高くなりますし、勤続年数も短いよりも長い方が評価が高くなります。なお、審査結果は、メールや電話など、申込時に指定した方法で連絡がきます。

審査に通った場合、その時点で利用限度額と返済方法を確認し、その後、融資を受けることが可能となるわけですが、金融機関・業者によって違いはあるものの、一般的には、借り方として銀行振込・CD/ATMからの引出・店頭受取り…が用意されています。銀行振込の場合は、公式のホームページ内にある会員専用ページや電話で手続きを行うことで、指定した口座へお金が振り込まれる形になります。CD/ATMからの引出しでは、その金融機関・業者のATMや、または提携している銀行・信販会社・クレジットカード会社・コンビニに設置されているATMなどから手続きを行い、引き出します。ただし、当然のことながら、CD/ATMを利用する場合はカードが必要不可欠です。もし、キャッシング専用のカードを発行してもらう場合は、そのカードが手元に届くまでは、CD/ATMからの引出しはできません。そして店頭で受取る場合は、金融機関・業者の各店舗を訪れ、直接借り入れる方法です。もちろん、契約だけしておいて、融資は受けない…ということもできますよ。

キャッシングの契約書に記入/返送というのは、契約手続きのことですね。金融機関・業者から後日送られてくる契約書に必要事項を記入し、パスポート・運転免許証などの身分証明書となる書類のコピー、源泉徴収票・確定申告書などの収入証明書、そしてその他必要書類と一緒に、返送します。契約書などの書類が送られてくる時は、大抵の場合、キャッシング関連の封書だと周囲に判らないようにして送ってくれるので、家族などに知られることもありません。

契約書や身分証明書のコピー、必要書類を送った後、契約書の控えと、発行されたキャッシングカードが送られてきます。この時点でようやく全ての手続きが完了したことになります。後は、キャッシングカードを使って、CDやATMでお金を引き出して下さい。一度契約しておけば、融資を受ける度に契約する必要はありませんので、いつでも繰り返しお金を借りることができますよ。

返済では、こちらも金融機関・業者によって扱っている返済方法は異なりますが、一般的に、銀行口座自動引落し・銀行振込み・ATM・マルチメディア端末・店頭での直接返済…が用意されています。当たり前のことですが、返済日を忘れず、滞りなく正常に返済することに努めてください。

ちなみに、審査で落ちてしまった場合。その要因として考えられるのは、他社からの借入件数が基準値をオーバーしていたり、また、申込者の属性(職業・年齢・住居・家族・年収など)を各金融会社・業者の過去のデーターベースと照らし合わせた結果、与信額が0となってしまったことが考えられます。与信額というのは、簡単にいえば、その人に与えられる限度額のことです。その与信額が0ということは、その人へ融資できる借入金はないということになります。また、過去の事故情報・延滞情報が信用情報機関に登録されている場合は、まず審査に通ることはありません。いわゆる「ブラックリストに載る」というやつですね。もちろん、ブラックリストというのは黒いリストが実際に存在しているわけではありません。金融機関でローンを組んだり、クレジットカードを作成・利用すると、全てその情報というのは信用情報機関に登録されることになるのです。過去の利用履歴も登録されていますので、新たにローンを組む場合や、クレジットカードを作成する場合は、必ず、金融機関・クレジットカード会社などは、その信用情報機関をチェックし、審査に通しても大丈夫な人物であるかどうか…を確認するのです。信用情報機関に登録されていることは問題ではありません。重要なのは、過去に返済を一定期間以上延滞させてしまったり、返済しきれなくて債務整理を行った場合に登録される事故情報なのです。事故情報として登録されることがブラックリストに載るということであり、そして事故情報が登録されているということは、たとえ過去であっても、何らかの返済トラブルがあったという証拠になりますから、返済能力はないと見なされ、信用もなくなってしまいます。

この記事へのコメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: