三陸海宝漬

by watashi on 2011/10/4

食材の宝庫といわれる三陸の豊富な魚介類がたっぷりと入っています。

肉厚エゾアワビを柔らかく煮たものと、銀毛鮭のいくら、早春に刈り取った柔らかなメカブなどを伝統の調味料液に漬け込みました。温かいご飯にぴったりなんです。まるで、料理人が調理した、食べる海の宝石箱なんですね。

三陸海宝漬けは中村屋を代表する一品なのです。アワビをだまし煮という独特の技法で、柔らかくしたものを使用しています。三陸産のあわびは市場評価も品質も高く(リアス式海岸は栄養が豊富なため、海藻類も豊富)その海藻を食べて育つあわびは旨みと甘みが強いのです。あわびの身のしまりが少なく、柔らかい食感で、旨味も閉じ込められてさらに美味しい。いくらは銀毛鮭のいくらをたっぷりと使いました。

味のある美味しいいくらですよ。めかぶはワカメの胞子をつくる部分です。新物を醤油漬けしてありますので、とても柔らかい。さらに三陸のめかぶはねばりが強く風味があります。葉に厚みがありますが、特徴を生かすために細かく切ってあるのです。中村屋は食材の宝庫三陸海岸の釜石にある老舗料理店です。

島田伸助が司会をつとめる日本テレビ系列の「行列のできる法律相談所」や「行列のできる芸能人通販王決定戦(特番)」をはじめ、これまでに幾度となくテレビで紹介されたこともあって、爆発的なブームを巻き起こしている「三陸海宝漬(さんりくかいほうづけ)」は、その商品名どおり、三陸の新鮮な海の幸を漬け込んだ宝物のような料理です。

この記事へのコメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: