エブリデイイングリッシュの特徴

by watashi on 2016/2/10

エブリデイイングリッシュには様々な特徴がありますが、なかでも、流して聞くだけの学習方法・独自開発による2段階スピード・隙間時間での学習・最新の生きた英語を学べる…と4つの大きな特徴が際立っています。

流して聞くだけの学習方法というのは、エブリデイイングリッシュは、赤ちゃんが成長していくにつれて徐々に言葉をしゃべりだすプロセスと同じ学習方法をとっている…ということです。日頃からよく使用するフレーズをひとかたまりで耳から覚えることになるのですが、それはとても自然な学習方法なんですね。例えば、同じ音楽をずっと流し続けていると、特に集中して聴いているわけではないのに、気づけば歌えるようになっていたり、口ずさんでいたりしますよね?このプロセスは、正にこれと似ているのです。赤ちゃんは言葉を覚える際に、文法などを考えて覚え、話すわけではありませんよね?

まずはお母さんやお父さんが話す言葉を聞き、それを覚えて話すようになりますが、お母さんやお父さんの言葉を理解しても、この時文法を考えてはいません。つまり、ヒアリングだけで言葉を理解するようになるということですよね。覚えた単語で会話を始め、そして少しずつ覚える単語の数が増え、やがてセンテンス(文章のこと。句点で分けられた一続きの言葉)で様々な会話ができるようになっていきますが、この時点でも文法のことは考えてはいません。これらから判る通り、子供は音から言葉を覚えていくということになります。これを応用し、エブリデイイングリッシュでは、文字や文法からではなく、まずはCDを用いて耳から英語に慣れるようにしていくのです。そして記憶を促し、より多くの英単語を覚えさせることで、話せるように導いてくれます。

エブリデイイングリッシュの教材は全て、アメリカのネイティブの間では一般的に会話されているナチュラルスピードとなっています。つまり、ゆっくりな発音ではなく、普段から話すような自然なスピードなんですね。それにより、英語耳と英語の思考回路を身につけることができ、徐々に理解もできるようになっていくのです。また、日常会話ですぐに役立つ会話が収録されているのも大きな特徴です。エブリデイイングリッシュのCDでは、アメリカの文化・アメリカ人の考え方が多く採用されているため、聞いているだけでそのアメリカ人の考え方・背景が判り、それも会話を自然に身につける手伝いとなっているのです。更に、エブリデイイングリッシュの教材開発スタッフが、日本と海外を行き来し、最も必要とされるシチュエーションを選択しているので、学習してすぐに役立つ内容を身につけることができる他、チップの相場・アメリカ文化の豆知識・Facebook・TwitterなどのSNS上でよく使用される表現も習得することが可能です。

また、エブリデイイングリッシュでは、英語が流れた後に日本語訳が流れるので、英語で何を話しているのか判らない…ということはありませんし、テキストも一切不要なので、ただ聞いていれば良く、面倒さや手間も不要です。英語が苦手な方、忙しくて英語を学ぶ時間がなかなか取れない方に特に最適ですよ。そもそも、「暗記しなければ」という意識が不要なので、英語が苦手な方、英語が判らない方からすると、その意識がないだけでかなり気負わず気楽に取り組むことができるのではないかな、と思います。CDには360個の様々なシーンで使われる英語教材が含まれていますが、3秒ほどで話すことができる短いフレーズが中心となっていますので、イライラすることもありません。無理矢理にその意味を考えたり、理解しようとしたり、忘れた単語を思い出そうとすると、だんだんとストレスが溜まり、そしてヤル気もだんだんと失われていくものです。そうなると、当然長続きしませんよね。英語学習で最も難しいことが「続けること」なのだそうです。何事もそうですが、どれだけ優れたものであっても、継続しなければ意味がないものというのは多くあります。とりわけ、母国語とは違う、また別の言葉を習得するためには、それ相応の継続が必要不可欠です。最初のうちはヤル気もあり、「頑張るぞ!」と気合が入っていても、英語を聞いても判らない、文章を見ても理解できない…という状態が続けば、徐々にヤル気を失い、最終的に「英語なんて別に覚えなくてもいい!」と投げ出してしまうパターンも少なくありません。しかしエブリデイイングリッシュであれば、ネイティブな発音による短い英語のフレーズが流れた後にすぐに日本語訳が流れるため、その意味が理解できないことがありませんし、テキストも不要ですから「学んでいる」という意識から離れることもでき、その分、かかるストレスも軽減されると思うんですよね。そして、テキストなどが不要である分、通勤中や通学中でも聞くことができ、時間のない方でも十分に学ぶことができるのです。

独自開発による2段階スピードというのは、英語を理解できない日本人にとっては、英語での会話はとても速く感じるものです。個人的には、ネイティブな発音による会話を聞いた際、教科書に載っているような英文ではなくて、筆記体で書かれた英文をイメージしてしまいます。しかし、リスニング力を向上させるためには、まずはその英語のスピードに慣れる必要があるんですね。…とはいえ、ただ速い英文を聞いているのでは意味がありません。そんな英語はただの雑音でしかないんですね。エブリデイイングリッシュでは、速いスピードの英語を聞く訓練として、長年に渡る研究の末、効果的に英語のスピードに順応できる効率的なスピードを開発したのです。それが2段階スピードなのですが、エブリデイイングリッシュの教材では、英会話高速録音(+日本語訳)の後、英会話通常録音(+日本語訳)の順番で、全部で60の教材がCD1枚に収録されています。この高速録音では、通常の英語のナチュラルスピードの142.854%も速い速度で収録されており、これによって脳の聞く力を自然に高めることができるのだそうです。そして、その高速録音を聞いた後に通常録音を聞けば、本来のナチュラルスピードであるにも関わらず、とてもゆっくりに感じるのです。ナチュラルスピードの142.854%も速いのですから当然なのですが、でも理屈としては理解できますよね。実際にどのような感じなのか知りたい方は、エブリデイイングリッシュ公式サイト内でサンプルを聞くことができますよ。実際にそのサンプルを聞いてみれば判りますが、確かに高速録音の後に通常録音を聞くと、通常録音がスローモーションのようにはっきりと聞こえるのです。これはちょっと「なるほど!」と手を打ちたくなるような気持ちにさせられますよ。

隙間時間での学習というのは、先ほども触れましたが、テキストが要らず、ただ聞いているだけで良いので、日常の隙間を上手に利用して英語を学ぶことができる…という点です。例え1日5分であっても、毎日続けることで少しずつ英語を理解できるようになるはずです。極端ですが、1日5分を毎日聞き続けるのと、週末だけまとめて1時間聞くのとでは全く違います。たとえ短い時間であっても、毎日ネイティブな英語の発音を聞くことで、しっかりと脳は記憶し、上達していくのです。ですから、通勤時間・通学時間を利用したり、お昼休みや休憩時間を利用して聞いてください。そんな時でも、「なんとかして英語を覚えなければ」とか「会話の内容を理解しなければ」というのではなく、リラックスした気持ちで流し聞きで良いのですから、その点も嬉しいですよね。1日たった5分でも、毎日続けていれば、1ヶ月で2.5時間、1ヶ月でおよそ15時間学ぶことになります。他にも、お風呂に入っている時間・トイレの時間・料理などの家事をしながら・寝る前の時間…等、それぞれのライフスタイルに合わせて聞けるのが、エブリデイイングリッシュの大きな魅力だと思います。1日5分でもいいというのも、気負う必要がなくて良いですよね。

そして、最新の生きた英語を学べるというのは、言葉というものは生き物であり、言葉遣いなども日々変化していくため、現在使われている生きた英語を学ばなければ意味がない…という考えが基となっています。英語を学び、そして海外で使える英語を身につけるために、エブリデイイングリッシュでは常に研究を続け、最新にスクリプトを提供しているのです。スクリプトというんは、台本・脚本・原稿…という意味ですが、要するにCDの内容が常に最新なんですね。2011年は10回の英会話スクリプトが更新されたそうですし、2012年以降、もちろん現在も積極的にスクリプトは見直され続けているのです。

これらの特徴は、単なる他の英語・英会話教材との違うというだけではなく、全て英語を身につけていく上で論理的なものであり、だからこそエブリデイイングリッシュを使用することで高い効果が得られていると高く評価されているのです。これまで他の英語・英会話教材を使用したことがある方は、これまで体験したことがないエブリデイイングリッシュの学習方法と、得られるその効果に驚くのではないでしょうか。また、「いつくらいで話せるようになるの?」というのは、学習の進め方や、個人の既存の英語力によっても違いますので一概に言い切ることはできません。ただ、エブリデイイングリッシュの公式サイトには、初心者向け6ヶ月じっくりコース・中級者向け3ヶ月きっちりコース・上級者向け1ヶ月ざっくりコース…の3種類が、学習の進め方の目安として掲載されていますので、そちらを参考にしてみると良いかと思います。

この記事へのコメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: