エブリデイイングリッシュは日本一売れている英語教材

by watashi on 2016/11/25

エブリデイイングリッシュは、略して「EE」と称されることもありますが、売上日本一であると言われている英語・英会話教材です。

英語・英会話教材には様々な種類がありますよね。英会話スクールや英会話教室に通ったり、パソコンなどを使ってオンライン英会話を行ったり、本屋などで販売されている市販のドリルや書籍を購入たり…とその方法は多種多様ですし、1つの学習方法にも多くのメーカー等が存在していますので、その数は数え切れないほどです。英語・英会話を学ぶ方法には、それぞれにメリット・デメリットがあり、一概に「これが一番いい!」とは言い切れません。ある人は「英会話スクールが一番良い」と言う一方で、別のある人は「自宅でドリルをするのが一番」と言ったり…と、人によって自分に合う学習方法もライフスタイルも違いますから、人によって意見が違うのは当然といえば当然です。重要なのは、自分に合った学習方法を探して学ぶ…ということなのです。

英語・英会話のための教材の場合、主にリーディング用の英語教材・英単語を習得する英語教材・リスニング用の英語教材・スピーキング用の英語教材…に分けられます。

これらを簡単に説明すると、リーディング用の英語教材とは、英語を読む力を身に付けるための教材です。英語で書かれている雑誌・新聞を読むためには、英文を読解する力がなければ読むことはできませんし、英語の読解力を得るためには、英文法の知識が必要となってきます。ちょっと極端な意見なのかもしれませんが、英会話というのは、中学生レベル程度の英語の文法能力があればなんとかなるのだそうです。よく見聞きしますよね、「学校の英語のテストで良い点数を取れる人全てが英語を話したり聞いたりできるわけではない」と。逆に言えば…私の友達もそうだったのですが、学校の成績だけで言えば英語はそれほど良くなかったのですが、英会話が好きで、今では英語がペラペラ…という人もいますし、なんとなく納得できることではあります。実際、日常生活で使用する英会話ならば、中学生レベルの文法知識でも十分なのだそうですよ。ただ、英語の文章を理解したいのであれば、英会話以上の確実な文法知識が必要となります。大学受験の英語の試験や、TOEIC試験でも、英文を正しく解釈するためには、英文を解釈する文法知識は必須であり、そのためにはリーディング用の英語教材が適しているのです。

英単語を習得する英語教材とは、英会話の習得・英文の読解力を身に付ける…といった目的に必要な英単語を効率良く覚えるための教材です。英単語は中学生…それこそ最近は小学生の高学年くらいから学校の授業で覚えていきますし、子供に英会話や英語を学ばせる家庭も増えてきていますが、日本語と同様、英単語の数というのは莫大な量です。当たり前のことですが、英単語を多く覚えれば覚えるほど、次のステップである英会話や英文読解力に対してプラスに働く…というか、寧ろ、語彙量によって左右されるといっても過言ではありません。当然ですよね、英文の文法をしっかり習得していても、それを構成する英単語を知らなければ英語を話すことも、聞いて理解することも、そして英文を読んで理解することもできません。英単語を覚えるための方法に特別なものはありません。英単語をたった一度学習するだけで完璧にで覚えられるような学習方法は存在しませんから、何度も繰り返し覚えるしかありませんし、それこそが重要となってきます。英単語を習得するための英語教材も多く存在していますが、いずれの英語教材でも繰り返し継続して英単語を学習することになります。

リスニング用の英語教材とは、相手が話す英語を聞き、何を言っているか、そしてどのようなことを話しているのか、その意味を理解するための教材です。それが出来るようになると、例えば、洋画を観ていて、字幕を見ずに登場人物が話している台詞を理解したり、海外の番組などを字幕や吹き替えなしで観ることが可能となります。英会話というのは、まずは英語を聞くことから始まります。耳で英語を聞くというのは非常に大切な学習方法であり、また効率良く習得するための方法でもあるのです。リスニング用の英語教材は、書籍・テキストの他、CDを聞いたり、パソコンをオンラインで繋いで授業を受けるなど、実際に英会話を聞きながら学ぶタイプのものなど多くありますので、自分に合ったものを選んでください。当然のことながら、パソコンを用いて学ぶことができるリスニング用の英語教材の場合、どれだけ効果が得られると高い評価のあるものであっても、自分自身がパソコンを持っていなかったり、自宅のインターネット環境が整っていなければ意味がありません。

スピーキング用の英語教材とは、自分で英語を話すための教材です。実は、英語を聞き取ることはできるけれど、自分で話すことはできない…という方はとても多いのだそうです。英語を聞き取ることができるからといって、英語を同じレベルで話すことができるか…というと、そうでない方が意外に少なくないのだとか。そのため、リスニング能力はとても高い方でも、スピーキング用の英語教材は初心者向けでなければならないという方もいらっしゃるわけですよね。このスピーキング用の英語教材を選ぶ場合は、聞くと話すのとではかなり違う…という点を注意し、客観的に自分の英語力を把握しておく必要があります。

これら以外にも英語教材は存在しており、例えば、聞く・話す・読む・英文法・英単語…を総合的に学習できる教材や、発音のトレーニングを中心に行うことができる教材、小さい頃から英語に親しむことができる幼児・子ども向けの教材、そして、TOEIC対策を行うことができる教材…などが存在します。このうち、発音のトレーニングを行うための英語教材は、先ほど挙げた英単語を習得する英語教材と同じく、英語を話す・聞くために必要不可欠な能力です。英語を学ぶ時になぜか軽視されやすい英語の発音トレーニングなのですが、英語を聞き取ったり、自分が話す場合、正しい発音は欠かすことができません。寧ろ、かなり早い段階で発音は身に付けておかなければ、後で後悔することにもなります。発音を無視して英語学習を進めていくと、年齢が高ければ高い分、後で修正するのが非常に難しくなってしまいますので、英単語と同様、発音もしっかり習得しておくと、その後に学習するリスニングやスピーキングが上達スピードがぐっと早くなります。

話が少し逸れてしまいましたが、これら様々なタイプの英語教材のうち、エブリデイイングリッシュは、リスニング用の英語教材に分類されます。

エブリデイイングリッシュを購入する

by watashi on 2016/3/1

エブリデイイングリッシュの注文は、公式サイト内から申し込むことができます。公式サイトからの注文ならば、常に最新版を購入することができますよ。

現在、エブリデイイングリッシュの教材には、基本セットとフルセットが用意されています。基本セットでは、ネイティブと楽しく会話することができる英語力を気軽に身につけることができ、セット内容は、エブリデイイングリッシュ・イングリッシュオンリーとなっています。フルセットでは、ネイティブのような英語力を楽しみながら身につけることができ、セット内容は、エブリデイイングリッシュ・イングリッシュオンリー・聞く力完成・話す力完成となっています。価格は、基本セットが通常合計価格で51,600円、フルセットが通常合計価格111,200円です。なお、送料は不要ですし、消費税はかかりません。

続きはコチラ

エブリデイイングリッシュの特徴

by watashi on 2016/2/10

エブリデイイングリッシュには様々な特徴がありますが、なかでも、流して聞くだけの学習方法・独自開発による2段階スピード・隙間時間での学習・最新の生きた英語を学べる…と4つの大きな特徴が際立っています。

流して聞くだけの学習方法というのは、エブリデイイングリッシュは、赤ちゃんが成長していくにつれて徐々に言葉をしゃべりだすプロセスと同じ学習方法をとっている…ということです。日頃からよく使用するフレーズをひとかたまりで耳から覚えることになるのですが、それはとても自然な学習方法なんですね。例えば、同じ音楽をずっと流し続けていると、特に集中して聴いているわけではないのに、気づけば歌えるようになっていたり、口ずさんでいたりしますよね?このプロセスは、正にこれと似ているのです。赤ちゃんは言葉を覚える際に、文法などを考えて覚え、話すわけではありませんよね?

続きはコチラ

英語の評価はTOEIC

by watashi on 2016/2/10

TOEICは、Test of English for International Communicationの略(通称)であり、トーイックと読みます。世界およそ120ヶ国で共通している、英語を母国語としていない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するためのテストです。日本の英検試験のような合否ではなく、スコアによって評価されるのが大きな特徴で、そのスコアによって英語のコミュニケーション能力が判断されるのです。そのスコアは、10点~999点まであり、英語によるコミュニケーション能力が低ければスコアの数字は小さく、能力が高ければスコアの数字は高くなる…ということですね。受験後は、Official Socore Certificate(公式認定証)が発行されます(有効期限はありません)

続きはコチラ

この記事へのコメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: